美肌は作れる!プロ直伝美肌ベースメイクテクニック

cobigan1

お肌が綺麗な人って憧れますよね。
透明感があって透き通ったお肌。

こんな肌になるのは、元々綺麗な肌でいないと
無理と感じてませんか?

実は、メイクで美肌に魅せることができてしまうのです!!

そんな、美肌をメイクで作るためのテクニックをお伝えします。

もちろん、元のお肌のケアも重要なので、
スキンケアについてはこちらを参考にしてみてください^^

1、化粧下地の驚き効果

化粧下地って、ベタベタするし、
面倒だし、ファンデーション塗れば必要ない!!
なんて、思っている方いませんか??
実は、化粧下地を塗らない方は、
老化スピードが早まる上に汚肌一直線なんです!!

化粧下地は、ファンデーションを肌に密着させ化粧持ちを良くしたり、
お肌を保護してくれます^^その他にも・・・

◇外的刺激(紫外線、外気、乾燥)からお肌を守ってくれる
◇毛穴の余分な皮脂を抑えて、メイク崩れを防いでくれる
◇肌色を調整できる
◇メイク落としの時に、落としやすくして肌のダメージを少なくする
◇メイク用品の添加物が毛穴にたまらないように保護する
◇肌表面の毛穴やキメを目立たなくする
◇ファンデーションの密着を高める
など、たくさんの効果があります。

この効果がメイクの仕上がりやメイク状態を綺麗にキープしてくれる理由なのです☆

化粧下地は、化粧ノリを良くしてくれるだけではなく、
肌もしっかり保護してくれる役割もあるからこそ必ず塗る必要があるのです。

しっかり化粧下地を塗ることが美肌力を高める鍵となります。

2、ベースメイクで素肌のような美肌を手にいれる

ベースメイクは、メイクの土台となる部分の為とても大切です!!

お肌がきれいに見えるのとそうでないのでは印象がガラリと変わります。

ベースメイクの基本は、
1、下地(前述にまとめました)
2、リキッド
3、フェイスパウダー
の3点を使用すれば簡単に仕上げることができます。

そして、厚塗り&均一塗り厳禁!
ファンデーションできめの整ったなめらかな肌に仕上げます。
例えば、
おでこが綺麗な肌なら塗りすぎて隠す必要はありません。
厚塗りの原因の1つとしてお顔全体に均一にファンデーション
を塗ってしまうことがあります。

隠したい部分は、しっかり隠せば良いのです。
顔全体を均一に塗るのはNG。

しっかり塗るところと薄く塗るところのメリハリをつけたほう
が素肌っぽく綺麗にみえます。

<付け方>
1、下地を顔全体に塗る
2、リキッドファンデーションをメリハリを付けて塗る
3、フェイスパウダーを顔全体に付ける
リキッドファンデーションの後につけるフェイスパウダー
の目的は、化粧くずれを防ぎ、キメを細かく整えお肌を美しく
見せる役割をします。

メリハリを意識してベースメイクを仕上げると厚塗り感が
なく、ナチュラルで魅力的な美肌を演出することができますよ♪

3、くすみを解消し引き上げ効果抜群魔法の3ポイント

若々しい肌に仕上げる3つのポイントがあります。
下まつ毛の際ギリギリ目の下
小鼻の周り
口角
の細かい3ポイントにしっかり抜けなく下地とファンデーション
を塗ることが重要です。

目の下
小鼻の周り
口角
この3箇所は、若返り3ポイントと呼ばれています^^

th_3point

なぜかと言うと、
この3箇所は、くすみやすく細かな部分ということもあり
しっかり塗れていないことが多い部分です。

そして、くすみを解消することでリフトアップしたように
目が錯覚を起こし、
口角が引き上がり
小鼻はキュッと小さくなり
クマを隠し華やかな目元になります。

くすみやすくて細かな部分だからこそ意識をして塗り
若々しいお肌に仕上げましょう♪

4、気になる部分をカバーして美肌力を高める
コントロールカラーは、下地を塗ってもカバーできない、
顔の赤みやくま、くすみ等をカバーするために使います^^
コントロールカラーには目的に応じて色の種類がありますので確認しましょう!

パールピンク:
くすみをカバーしながら、上品なつや肌に仕上げます。
また、色素沈着によって起こる茶色くま(茶くま)をカバーします。

オレンジ:
血行不良によって起こる青紫のくま(青くま)をカバーします。
また、赤みがなく全体的に青白い肌を健康的に仕上げます。

ホワイト:
くすみをカバーして明るく立体的に仕上げます。

パープル:
黄味(黄ぐすみ)を自然にカバーして透明感のある肌に仕上げます。

グリーン:
赤みを自然にカバーして明るい肌に仕上げます。

コントロールからは一色に決めるのではなく体調によって
肌の色が変わることがありますので、何色か持っていて
その日の肌の状態に合わせて使用すると便利です♪

すっぴん肌のポイントとしていくつかのアイテムを合わせて
使用して気になる所を隠すことが重要です。

<塗り方>
均一に塗るのはNGです。
使い方の注意点は、とにかくのせすぎないこと。
多くのせすぎるとコントロールカラーの色が目立ち
逆効果になるので、少量ずつ丁寧にのばしましょう。
いったん手の甲などにとって、調整しながら肌にのせると
失敗がありません。
頬の赤みが気になる方は、コントロールカラーを取って
赤みの気になる部分にのせる伸ばすように塗るのではなく
ポンポンと指でたたきこむようにして塗る。
ニキビ跡が気になる方は、部分的に気になるところに
コンシーラーのように少量つけ、指でぼかしましょう。
コントロールカラーは、
慣れてしまえば「使わなくては損!」というほど便利&優れコスメです。
つけているのに素肌のように見える「すっぴん仕上げ」の肌を
つくるのにとてもおすすめのアイテムですので是非使用してみてください☆

いかがでしたでしょうか?

美肌を作るためのメイクのプロが教える
美肌メイクのポイントを今回は、ご紹介しました^^
1、化粧下地の驚き効果
2、ベースメイクで素肌のような美肌を手にいれる
3、くすみを解消し引き上げ効果抜群魔法の3ポイント
4、気になる部分をカバーして美肌力を高める

 

具体的なたるみを改善して小顔にもなれる!
リフトアップメイクについてのメイクテクニックについては、
こちらをご覧ください。
メイクで小顔もリフトアップも自由自在
アイメイク
アイブロウメイク
小顔・リフトアップテクニック
たるみの原因になるNGメイク
自分に似合う色を知ってマイナス5歳を実現

メールでのご予約
info@cobigan.com
※定休日・施術中はすぐに返信が
できかねます。

※迷惑メール設定などをされている
場合は、
指定受信設定で
info@cobigan.com

からのメールを受信可能にしないと
メールができません。ご注意ください。

LINE@でのご予約
LineID:@mnh0323g

友だち追加

問い合わせフォームでのご予約

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

cobigan_tenpo4   hydoor_banner   ameba
ページ上部へ戻る