小美顔サロン

小美顔物語

小美顔サロンのウェブサイトへお越しくださり、誠にありがとうございます。

 

小美顔サロンは、2015年9月16日にオープンをしました。
「小美顔」という店名の通り、キュッと小さく本来の美しいお顔になっていただくことを大切に運営をしております。

 

お顔って身体と違って隠せず常に他者からみられる部分ということもあり、少しの変化でも敏感になってしまいますよね。「小美顔矯正」には、たくさんの方が自信を持って欲しいという想いがたっぷりと詰まっています。

また、内装が煌びやかなサロンも多くあると思いますが、少しでも経費を抑えてお客様が通いやすいサロンを目指したいことと、なんだかホッとするなという温かみを感じて頂きたいと願い常に試行錯誤をしております。

 

さて、小美顔サロンの創設者である岩瀬保奈美が開発した「小美顔矯正」についてご紹介します。

以下、小美顔サロン創設者岩瀬保奈美のメッセージです。

 

技術に妥協が無いことは当たり前ですが、整体とエステの内容を融合させて技術を開発するのは至難の技でした。
エステと整体を合わせるということは、高度な技術力も要し誰にでもできるものではありません。
オープンする前、100店舗以上サロンへ行き連日徹夜をし研究に研究を重ね「小美顔矯正」をうみ出しました。

 

元々、エステのリンパを流す技術と整体の矯正の技術が合わさった施術は無いかな?と、いうところから創り出すきっかけとなりました。
一緒になっていたら通いやすいなぁ。
欲張りだからお肌をピカピカにしてむくみもスッキリするエステも歪みや顔筋をほぐす整体も融合している技術が良い。
なんていうところからです。

 

そして、お顔の施術を受けに様々なサロンさんへ行ったところ、デコルテやヘッドもしてくださるところが少なかったんです。けど、解剖学を学んでいくとお顔周りの筋肉へのアプローチがとても大切だと知りました。であれば、「小美顔」を実現できることに特化した最高の技術にしようと決意し開発しました。

 

納得できる技術開発ができてからの初期のサロンのことも少しご紹介します。
もちろん最高の技術開発をしたからと言って、お客様がお越しくださる訳もなく技術を提供することもままならない状況でした。

今考えればマーケティングや集客は、技術開発と全く別のスキルですので、初期の頃その辺が足りていなかったのでうまく行かなくて当然だと感じています。
そんな状況ですので、最初3ヶ月くらいは、不安で押し潰されそうになりよく泣いていたのを覚えています。
ですが、諦めの悪いところがありましたので、マーケティングや集客など睡眠時間を削り学びサロンの営業も休みなく毎日朝8時〜夜22時まで営業してみようと運営していました。最初は、本当にやる気と気合とど根性でした。

 

辛い、きつい、しんどいなんて一切考える余裕もなく、「お客様が輝くために」を大切に技術を提供し続け気づけば5年。今では5000人近いお客様がお越しくださいました。

そして、1人で始めたサロンですが、今ではありがたいことに一緒にサロンを盛り上げてくれるメンバーも居ます。

今では、ライフワークバランスも考えた運営も実現ができ、オープン当初、今のようになっているとは全く想像がつきませんでした。

 

何か問題にぶち当たろうとも都度その問題を解決し続け、ただ、がむしゃらに駆け抜けて行ったら「今」になっています。

 

サロン生存率は、

1年以内に閉店するサロンが60%
3年以内に閉店するサロンが90%
と言われています。

 

小美顔サロンに出会ってくださり、ありがとうございます。

サロン運営を続けていられるのも全てお客様のお陰です。
これからもお顔を「小美顔」にすることに全力を尽くした施術をどうぞご堪能ください。

 

関連記事

  1. セルフ小美顔マッサージ

  2. 小美顔コンシェルジュ認定資格

  3. 営業再開のお知らせ

  4. 小美顔コンシェルジュって何?

  5. Q&A

  6. スタッフ紹介

PAGE TOP