セルフケアで「エラ張り」を解消する☆

ella-upholstery

エラ張りを解消する手法に
ついてご案内いたします☆

エラ張りは、
骨格の原因だけではなく
咬筋の発達やリンパの
流れの状況も
大きく関わってきます。

喰いしばりの癖を直す
無意識のうちに喰いしばりを
している場合は、
喰いしばりをしないように
意識をしてみるだけでも
咬筋の発達を抑えられます。

歯軋りを改善する
寝ている間に歯軋りをしている
場合は、歯医者で相談をして
マウスピースを作り
防止することができます。

咬筋のコリをほぐす
肩と同じで咬筋も凝ります。
咬筋の筋肉をマッサージして
ほぐして凝りを解消することで
エラのハリも小さくなります。

また、
咬筋をほぐすことによって
表情も作りやすくなります。

力は入れすぎずエラの部分を
3本指でプシュし円を
描くように軽く
マッサージしましょう。

リンパの流れを良くする
リンパが滞るとむくみの
改善にもなります。

1、あご先から耳の付け根に
向かい流します。
2、頬から耳の付け根に向かい
流します。
*頬骨を沿うように
3、眉頭からこめかみに向かい
流します。

力を入れすぎず気持ち良いと
感じる強さでリンパを
流していきましょう。
5〜10回ほど行うのが
効果的です。

セルフケアでもエラの張りは
解消することができます。
ぜひ、実践してみてください^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

cobigan_tenpo4   hydoor_banner   ameba
ページ上部へ戻る