未分類

これをするだけでプロ級のアイメイクテクニック

目は、口ほどにものを言う
ということわざがあるほど、「目」の印象って
大切ですよね。

そして、プロのメイクさんがどんなことを
気をつけてアイメイクをしているのか一挙大公開
しちゃいます^^

1、◯◯するだけでプロ級アイシャドウテクニック

目の錯覚効果でもお伝えしましたが、メイクには、
種も仕掛けもあります。

アイメイクをする時は、だまし絵でいうぼかしの
テクニックを使用することが大切です!

メイクのプロは、このぼかしのテクニックがうまい!
なので、プロ並みにメイクができるようになりたい
のなら、ぼかしのテクニックを覚えることが必要!

実は、このぼかしのテクニックは、簡単に誰でも
できるためぜひアイシャドウで使ってみてください!

アイシャドウを塗ることで目力と立体感が増し目の印象がアップ♪

「目はできるだけ大きく」とアイメイクに力を入れている人が多い
ですが、大切なのは「目の大きさ」ではなく「目の力」。

「目力」をアップさせることです。

大きく見せたいからとハードなメイクをすると、本来持っている
個性や表情が隠れてしまうから要注意!!
元々の目の形を大切にしながら、知性、意欲を感じさせる
目元にすることが重要です。

アイシャドウの効果は、陰影をつけ立体的に見せて目の
横幅を大きくし立体感を出すこと。

<塗り方>

1、1番明るいカラーを眉下からまぶた全体にいれる

2、2番目のカラーを目の際からアイホールより少し広めにいれる

3、1番濃いカラーを上まぶたの際全体に入れてぼかす

th_34eyeshadow

★濃さが均一になるように、全て目じり側からカラーを入れていきましょう!

また、アーモンド型を意識して入れると目をよりはっきり印象的に見せることができます。

そして、大切なのが最後にぼかすこと☆
メイクのプロが実践しているのが、ぼかすテックニック。
最後に2番目のカラーをブラシに取り、全体をぼかす!!
これで、プロ級のアイシャドウに仕上がりますよ♪

2、モデル・女優がやっているアイラインの引き方

プロのメイクさんが女優さんやモデルさんにしているアイメイクの

ナチュラルラインの引き方ってご存知ですか?

アイラインで意志を感じさせる目元を演出します。
せっかくアイラインを引いているのに、ラインだけが悪目立ち
してしまったり、かえって目が小さく見えてしまっている人を
たまに見かけます。

アイラインは描くことで目の奥行きを出しはっきりと際立たせ
まつ毛が密集して生えているように見せることです。

アイラインには、様々なタイプがあります。
ペンシル:柔らかい印象に仕上がる。
リキッド:はっきりとした印象に仕上がる。
ジェル:ペンシルとリキッドの中間

<塗り方>
1、まぶたを引っ張りながら目頭からまぶたの中心にかけて描く
2、まぶたを引っ張りながら目尻からまぶたの中心にかけて描く
3、一本の直線になるように中心を繋ぐ
※まつ毛の間を埋めながら描くナチュラルラインで引くことにより
自然なラインで、まつ毛が多くみえます。
ナチュラルラインで引くと陰影ができ、奥行きが出てホリが深く見えるので
とても印象的な目元になりますよ♪

3、上向きまつ毛で目力アップ

まつ毛の生え方は人によって異なります。
最初から上向きに生えている人もいますが、日本人の場合、
下向き気味に生えている方が多いです。
そのままだと目元に影ができ、伏し目がちな印象になります。
明るく前向きな印象を与えるためにもまつ毛を魅力的にメイクするのは必須!!

ビューラーは、まつ毛を上向きにカールさせ、輝く瞳を印象づけます。
マスカラが苦手でもビューラーは行うべきです。
まつ毛をカールさせれば、目に光が入り、イキイキとした目元を
表現できますのでビューラーを使用してみてください。

<使用方法>
1、カーラーの金具をまつ毛の根本にあてる。
カーラーを開いて持ったら、上側の金具のラインをまつ毛の根本に合わせて
ピタッと合わせる。
2、金具で上まぶたを軽く押す。
1の状態のまま、金具の上側のラインでまぶたをキュッと押すと、まつ毛が自然に持ち上がる。
3、金具でまつ毛の根本をはさむ。
金具が動かないように注意しながらまつ毛を軽くはさむ。
4、手首を返して3段階にはさむ。
手首を上に返すような要領で挟む位置を毛先側にずらしながら、先まで小刻みに挟みましょう。

※カールが失敗したら指を濡らし、やさしくまつげを撫でてしめらせることでカールをなくすことができます。
カックンまつげになっても、このように修正すれば大丈夫。
※まつ毛カールが上手くいかない場合は、力の入れ加減に注意!
又は、カーラーのゴムの替え時です。

マスカラは、目のフレームを強調させ目元の印象がアップします。
マスカラをつけると、まつ毛が濃くなり目のフレームが強調され、
目元の印象がはっきりします。
また、まつ毛のカールもキープできるので、目の輝きも増しますので
使用してみてください。

<使用方法>
上まつ毛
上まつ毛の上側から軽くつけた後、下からまつ毛をブラシで持ち上げるようにして根元から丁寧につけます。
下まつ毛
ブラシを立てて、ブラシの先を左右に動かしながらつけます。
※ダマにならないコツは、乾いた後に何度も重ね付をしないことです。
※マスカラの買い替えどきの目安は、液のつきが悪くなったら買い替えてください。
キラキラお目めで魅力をアップしてアイメイクを楽しんでくださいね^^

4、まつ毛のカールがうまくできないならマツエクに頼るのも手
ここ数年で大人気となったまつ毛エクステの魅力ってご存知ですか?
もし、アイメイクを楽にしたい・まつ毛がカールしにくくマスカラが取れやすい方は、
まつ毛エクステがオススメです。
まつ毛エクステってたくさんのメリットがあります♪
◇スッピンでも可愛い
◇泣いても大丈夫
◇温泉やプールでも崩れない
◇メイクが楽になる
◇メイク崩れしないからパンダ目にならない

など、まつ毛エクステはよいことだらけ♪
また、リフトアップ効果もありぱっちりとみせて、目元の印象を
色々変えることができるのです♪
まつ毛エクステはまつ毛1本1本にエクステを装着していくためマスカラを
しなくても長さを出しボリュームアップでクルンとしたお目元を演出できるためとても
オススメの美容方です^^

ぜひ、気になる方は小美顔の姉妹サロンまつ毛をケアしながらできるまつ毛エクステ
「キュアアイラッシュ」でお馴染みのHydoorをご紹介いたします♪

Hydoorの詳しい情報はこちらから↓
http://salonhydoor.com/

5、アイシャドウカラーの選び方
目の形別にアイシャドウカラーを選ぶときのポイントについて
お伝えいたします☆

・一重の人
ベージュに近いピンク
ベージュ
オレンジなどの
優しくふんわりとした印象の色と相性が良いです♪

↓NGカラーや塗り方↓
ブルーなどの寒色系は避けましょう!
目を開けた状態で見えるところにポイントを置いてグラーデーションを
作ると上手く塗れます☆

・二重の人
ぱっちりな二重ならどんなカラーでも相性が良いです。
大きく目を強調させたいならダーク系、落ち着いた雰囲気に
したいなら薄めのカラーなど使い分けをすると良いですよ☆

↓NGカラーや塗り方↓
パープルやブルーなどの濃い色は派手すぎてしまうので
TPOを意識して使いましょう!
ぼかしてグラデーションが綺麗になるようにするとより魅力的になります。

・つり目の人
パステル系や柔らかいカラーを使うと、優しい印象の目元になります。

↓NGカラーや塗り方↓
寒色系やはっきりとしたブルーやグリーン・パープルは
避けると良いでしょう。ゴールド系をベースにして塗っていくとより良くなりますよ☆

・たれ目
目のキワにダークカラーを入れてメイクをすると目元が引き締まります。
他の部分をホワイトやピンクなどの明るいカラーで仕上げるとふんわりとした
目元に仕上がります。

↓NGカラーや塗り方↓
ピンクなどの明るい色だけよりもダークカラーも使い仕上げていくと
メリハリのある目元を演出できます♪
ご自身の目元の形に合わせてアイメイクをしてより魅力的な目元にしましょう☆

いかがでしたでしょうか^^?
アイメイクのプロがしているテクニックをセルフメイクでも
活用することで、目元の印象が一気に変わりますよ♪

今回は簡単に取り入れることができるプロ級のアイメイク
テクニックについてご紹介しました。
1、◯◯するだけでプロ級アイシャドウテクニック
2、モデル・女優がやっているアイラインの引き方
3、上向きまつ毛で目力アップ
4、まつ毛のカールがうまくできないならマツエクに頼るのも手
5、アイシャドウカラーの選び方

具体的なたるみを改善して小顔にもなれる!
リフトアップメイクについてのメイクテクニックについては、
こちらをご覧ください。

メイクで小顔もリフトアップも自由自在
美肌は作れる!プロ直伝美肌ベースメイクテクニック
これをするだけでプロ級のアイメイクテクニック
アイブロウメイク
小顔・リフトアップテクニック
たるみの原因になるNGメイク
自分に似合う色を知ってマイナス5歳を実現

メールでのご予約
info@cobigan.com
※定休日・施術中はすぐに返信が
できかねます。

※迷惑メール設定などをされている
場合は、
指定受信設定で
info@cobigan.com

からのメールを受信可能にしないと
メールができません。ご注意ください。

LINE@でのご予約
LineID:@mnh0323g

友だち追加

問い合わせフォームでのご予約

  

関連記事

  1. Before→After

  2. 魅力的な美肌は食べ物で差がでる☆

  3. 眉が上手く描けないを卒業!眉メイクを簡単にする3つの秘訣

  4. ご予約

  5. 小顔になるためには小顔習慣が重要

  6. 自分に似合う色を知ってマイナス5歳を実現




ameba

PAGE TOP