猫背が原因?オフィスでできる小顔対策

 

 

 

face measures can be in the office

 

パソコンによるデスクワークを行っている時、

腰の力を抜き楽な姿勢をとっていませんか?

実はこれが「猫背」の原因になるのです。

背中が丸くなりあごが突き出た姿勢は、

体の歪みだけでなく顔、特に頬に下方向への力を加え続けるために

「たるみ」を加速させる原因になっています。

デスクワークで習慣化されてしまった姿勢は、

そのまま普段の姿勢へと移行します。

歩いている時、家でくつろいでテレビを見ている時にも、

猫背になっていることが多くなるのです。

こうした毎日の生活習慣が、

皮膚や顔の筋肉へ影響を与え続け、たるみを悪化させていきます。

猫背を続けていると背骨を支える筋肉が衰えていきます。

筋肉は使わないと、どんどんと退化してしまうのです。

普段から正しい姿勢をとることにより、

猫背だけでなく体を支える筋肉が衰えていくことを防いでくれるのです。

オフィスでできる猫背解消法

デスクワーク時の姿勢が問題になりますので、

腰の部分にタオルやクッションを挟み、

正しい姿勢が取れるようにしましょう。

こうすることで楽に姿勢を維持することができるようになります。

肩甲骨を動かすことにより、

筋肉の血流が良くなり自然に胸を張れるようになります。

姿勢を真っ直ぐにして、両肘を背中の真ん中で合わせるようなイメージで、

肩甲骨を寄せてください。次に腕を前に伸ばして肩甲骨をゆっくりと開いていきます。

ストレッチですのでゆっくりと動かしていくことがコツです。