運動不足がたるみの原因!?

 

 

運動不足と顔のタルミには、深い関係があります。

背中の筋肉、特に僧帽筋がゆるんでいると顔のたるみに

 

つながりやすいということはよく知られていますが、

 

全身の運動不足も深刻な顔たるみにつながるかもしれません。

 

 

でも、なぜ運動不足が顔たるみにつながるのでしょうか…?    

 

お肌のハリを整え、弾力のあるしなやかな皮膚を作ってくれるコラーゲン。

 

コラーゲンが若々しい肌を作るための大切なファクターのひとつである

 

 

ことは良く知られているので、サプリや食事で

 

 

コラーゲン摂取を心がけている人も多いはず。

 

 

ところが運動不足が深刻だと、

 

 

どんなに頑張って食事でコラーゲンを補給しても、

 

体の中でコラーゲンが作られなくなっていってしまうと言うのです。

 

運動不足でコラーゲンが少ない人は骨も弱く、骨粗しょう症になりやすい

 

コラーゲンは、お肌だけでなく骨を作るための大切な組織でもあります。

 

コラーゲンが足りないと、骨もスカスカになって、

将来の骨粗しょう症や骨折による寝たきりになる原因を招きます。

実際、骨密度が低い人は実年齢よりも老けて見えることが多いと言われています。

 

運動不足になるとコラーゲンが減るメカニズム

運動不足で体を動かさないことが多いと、血行が悪くなります。

血液には、細胞に栄養を運ぶ役割があります。

そのため、血流が悪いと、体のすみずみまで栄養が届かず、

コラーゲンをはじめ、肌を作る組織が生成されにくくなってしまうのです。

 

日常生活に軽い運動を取り入れましょう。ジム通いしていたけれどなかなか続かない…

と言う人は、生活そのものを活動的にしてしまうのがおすすめ。

運動後にはたんぱく質(アミノ酸)を摂取することもおすすめです。