肌弾力の低下の原因は〇〇!

skin elasticity

肌の弾力が低下すると、顔のたるみの原因になります。

私たちの肌の真皮には、コラーゲンやヒアルロン酸、

エラスチンなどの成分があります。肌の弾力は、

これらの成分が真皮層に適切な構造で十分に存在することで保たれています。

しかし、肌の弾力(ハリ)は以下のようなことで失われてしまいます。

 

紫外線特にUVAは真皮層にまで届き、

コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを作り出す「繊維芽細胞」

という細胞にダメージを与えます。

線維芽細胞がダメージを受けると、コラーゲンやエラスチン、

ヒアルロン酸などの生成量が減ってしまうだけではなく、

これらを分解する酵素が過剰に分泌され、肌の弾力が失われます。

 

生活習慣繊維芽細胞がコラーゲンやエラスチン、

ヒアルロン酸を生成するには、たんぱく質やビタミンCをはじめ、

様々な栄養素が必要です。食生活のバランスが悪いと、

線維芽細胞に十分な栄養がいきわたらず、

肌のハリが失われます。また、「お肌は夜作られる」と言われるくらい、

睡眠は肌にとって重要です。当然ながら、睡眠不足も肌のたるみの原因となります。

 

乾燥角質層の水分保持力が低下した状態、つまり肌が乾燥した状態になると、

真皮層の水分を十分に保つことができなくなり、真皮層の負担となります。

 

加齢赤ちゃんの肌にハリがあり、瑞々しいのは、

真皮層にコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸が多いからです。

40代になると、ヒアルロン酸は、赤ちゃんの真皮のヒアルロン酸量の約半分程度になってしまいます。

 

紫外線や乾燥からしっかり肌を守る事はたるみの予防になります。