未分類

押すだけで小顔になれるツボ

すっきりとした小顔って憧れますよね。

けれど、自分でケアするのは何かと
難しいと感じていませんか?

今回は、押すだけで小顔になれるツボについて
まとめてみました。

1、小顔を実現するツボの押し方のコツ

ツボを押して小顔を実現する
「押し方」について
ご紹介します☆

ツボを押す時って
「どこを押せば良いのか・・・」と
お客様から質問を受けます^^

あまり難しく考えなくて大丈夫です!

厳密にツボの場所は、
決まっていなく、
その人によっても異なることと、
体調によってツボは
移動することもあります。

なので、
気持ち良いと感じる部分を
探し刺激をするのが
ポイントですよ☆

<押す時のポイント>

◇指のハラを使い、ゆっくりと指圧
◇息を吐きながら3~5秒ぐらい
ゆっくり押し、ゆっくりと緩める。

*上記を3~5回ほど繰り返すのがオススメ。

爪を立てるのはNG
朝のスキンケア前にすると、化粧ノリもアップ♪
夜のスキンケア後や、おやすみ前にも効果的☆

2、顔は体の状態を表す鏡

お顔には美容効果が
あるツボがたくさん
あるため、
そのご紹介を
していきます☆

お顔に
トラブルが出たとき
できた部分によって
理由が異なります!!

おでこ生え際付近
肝・心の機能低下

おでこ中央部
肝・腎の機能低下

眉付近
肺の機能低下

眉間
肺・心の機能低下

目・左ほほ
肝・胆の機能低下


胃・肺の機能低下

右ほほ
肺の機能低下

鼻横
大腸の機能低下

口周り
胃の機能低下

いかがでしたか?

ご自身の体調の具合が
お顔にも出てきます。
よく顔の変化を
見ておきましょう^^

3、代謝を上げて皮膚トラブルを改善するツボ

ニキビ・肌荒れ・しみ・そばかすなど
お肌の悩みを改善してくれる
ツボについてご紹介します☆

☆小奬(しょうしょう)

下唇の下の凹んでいる
部分の中央にあるツボです。

顔の血行を促進し、
肌の代謝を高めるのに
効果的なツボです☆

血行促進の効果で
新陳代謝もよくなり、
お肌のトラブル
(ニキビ・肌荒れ・しみ・そばかす)
等にオススメです!

ぜひ、代謝をアップさせて
お肌のトラブルを
改善したいときに
押してみてください☆

4、押してアンチエイジング♪若返りのツボ

アンチエイジングの効果のある
若返りのツボ
についてご紹介します☆

☆地倉(ちそう)

口角の少し外側にあるくぼみ
部分のツボです。

気の巡りを良くし、
お肌に潤いを与え、
お肌を明るくしくすみ解消、
むくみを改善する
効果的なツボです☆

口角もキュっと上がり、
口周りのたるみや
ほうれい線
等にもオススメです!

ぜひ、リフトアップをして
お肌のトーンを明るく
したいときに
押してみてください☆

5、押すだけでフェイスラインをスッキリ♪

フェイスラインをスッキリする
ツボについてご紹介します☆

☆頬車(きょうしゃ)

耳の付け根とエラの中間から
少し内側にある
部分のツボです。

口を開くとくぼむところです。

エラの筋肉がほぐれ
エラのハリが良くなり、
フェイスラインのたるみに
効果的なツボです☆

ぜひ、フェイスラインの
たるみを改善して
スッキリと
したいときに
押してみてください☆

6、顔のむくみを解消しスッキリフェイスへ

顔のむくみをスッキリする
ツボについてご紹介します☆

☆四白(しはく)

目の真下にある
くぼみの下にある

部分のツボです。

リンパの流れを良くし、
たるみやむくみに
効果的なツボです☆

目のクマや疲れ目にも
おすすめです^^

ぜひ、
リンパの流れを
良くしむくみを改善

したいときに
押してみてください☆

7、目の疲れを解消してパッチリさせるツボ

まぶたのむくみを解消して
目をスッキリとする
ツボについてご紹介します☆

☆攢竹(さんちく)

目頭のところにある
部分のツボです。

眉尻の部分は太陽
というツボです。
攢竹から太陽まで
眉に沿って
押していくのが
効果的です。

まぶたのむくみや
眼睛疲労
等におすすめで
目のクマにも
効果的なツボです☆

ぜひ、
目周りが
気になるときに
押してみてください☆

いかがでしたでしょうか?
今回は、小顔を実現するためのツボについて
まとめました。
1、小顔を実現するツボの押し方のコツ
2、顔は体の状態を表す鏡
3、代謝を上げて皮膚トラブルを改善するツボ
4、押してアンチエイジング♪若返りのツボ
5、押すだけでフェイスラインをスッキリ♪
6、顔のむくみを解消しスッキリフェイスへ
7、目の疲れを解消してパッチリさせるツボ

  

関連記事

  1. これをするだけでプロ級のアイメイクテクニック

  2. 取材・講演等の依頼

  3. 今日からすぐに始められる紫外線ケア

  4. リフトアップして小顔にみせるマル秘メイクテクニック

  5. 美肌力を向上させる大切な3ポイント

  6. スキンケアのやり方でお肌の綺麗度が変わる

PAGE TOP