未分類

たるみを撃退して−5歳を実現する

昔はなかったのに・・・
なんか、お顔のたるみが気になってきた。
という時ってありますよね涙

今回は、そんなたるみについて
まとめていきます!

1、たるみの原因

顔には「表情筋」と「深層筋」
と呼ばれる2種類の筋肉があります。

表情筋は、文字通り表情を作る筋肉で、
皮膚のすぐ下にあります。

一方、深層筋は、骨に付いている筋肉で、
表情筋の下で表情筋を支えています。

また、
深層筋はポンプのように血液を顔全体に
送り届ける役割をしています。

表情筋が衰えると、
その上にある脂肪や皮膚を支えられなく
なってしまいます。

深層筋が衰えると、
表情筋が支えられなくなったり、
肌に栄養がいきわたらなくなります。

そのため、
表情筋と深層筋の衰えはたるみの原因と
なるのです。

その他、
猫背や姿勢の悪さも原因の一つです。

顔の筋肉は頭や首と繋がっています。

猫背で顔を突き出すような悪い姿勢は、
首の後ろ側が縮み、首の前部分が
伸びるため、
頬が下方向に引っ張られてしまいます。

近年は、
20代でたるみやほうれい線に悩む人が
増えていると言いますが、
その原因の1つが長時間のデスクワーク。

悪い姿勢を長時間続けると、
顔の筋肉が引っ張られ、
たるみの原因となります。

一言で「たるみ」と言っても原因はさまざま。

また、
多くの人は、たるみの原因は1つではなく、
複数の原因が複合的に絡み合って、
顔のたるみを引き起こしています。

たるみを予防・解消するためには、
以下のようなことが効果的です。

• 紫外線対策をしっかりと行う
• バランスの良い食事を摂る
• 良質な睡眠
• 保湿
• 顔の表情筋、深層筋を鍛える
• 正しい姿勢を保つ
• フェイスマッサージや頭皮のマッサージ

たるみに限らず、
美肌を保つ上で重要な食事や睡眠、
紫外線対策をしっかり行うと同時に、
たるみ対策のマッサージなどのケアを
追加していくことで、
たるみを予防・改善することができますよ^^

2、顔のむくみの原因

朝起きて顔がむくんでいる・・・
そんな日は1日
憂鬱に感じますよね。

むくみは、
血液の循環等が悪くなり、
リンパの流れが悪くなり、
水分が排出しにくくなる
ことが原因です。

むくみの原因は、
運動不足や塩分や水分の
摂りすぎによるものです。

運動不足によって
筋肉が凝ることによって、
リンパの流れも余計に
悪くなってしまいます。
首回りのストレッチや
腕を回す等して顔周りの
筋肉をほぐすとことで
むくみ解消になります。

また、
塩分の摂りすぎは喉が
渇き過剰に水分補給を
してしまうため顔が
むくんでしまいます。
塩分の摂取は必要なの
ですが、摂りすぎは
逆効果です。

水分(特にアルコール)は、
過剰に摂取しないよう
気をつけてむくみ知らずの
お顔を目指しましょう☆

3、むくみが気になる時の対処法

大切なデートやお仕事の
朝起きて顔が
むくんでいたら大変!!

そんな時でも焦らず
むくみの対処法を
実践してみてください^^

温冷パック
温めた蒸しタオルと
冷やしたタオルを交互に
お顔にタオルでパックを
しましょう。
温める→冷やすことで
血行を良くしお顔を
スッキリとします。

セルフマッサージ
1、あご先から耳の付け根に
向かい流します。
2、頬から耳の付け根に向かい
流します。
*頬骨を沿うように
3、眉頭からこめかみに向かい
流します。

力を入れすぎず気持ち良いと
感じる強さでリンパを
流していきましょう。
5〜10回ほど行うのが
効果的です。

朝起きてむくみが気になる
ときにぜひ試してみてください^^

4、耳周りのリンパを流してすっきりさせる

耳の周りには、
リンパ節が集中しています。
そのため、
耳たぶを回すことでリンパの
流れがよくなり、
老廃物が排出され、
コリやむくみの改善・リフト
アップ等様々な
良い効果があります。

<耳たぶの回し方>

1、耳たぶを回す
耳たぶを軽くつまみ、
後ろに優しく5回まわす。

2、顔を撫でる
鼻の付け根から耳の下に
向かって顔を優しく5回撫でる。

3、耳たぶを再度回す
1と同じように回す

4、顎を左右に動かす
右・左を1回で5回行う。
次に前後に5回動かす。
(前後で1回とする)
力を入れずにやりましょう。

5、口を開けて上を向き、腕を回す
口を開けたまま上を向きます。
そのまま腕を後ろに向かって30回
まわす。

1日に1〜3回ほど行うと
スムーズにリンパも
流れ効果的です☆

5、顔を大きくみせるエラ張りの原因

エラ張りには、
骨格の原因もありますが、
咬筋(こうきん)の
必要以上な発達がエラを
強調させてしまっている
場合があります。

また、リンパの滞りが原因で
下膨れのようにエラが張って
見える場合もあるため
リンパの流れをスムーズに
する必要もあります。

喰いしばりや歯軋りから
咬筋が発達していくため
無意識にしている
喰いしばりや歯軋りは
意識をするだけでも
改善ができます。

リンパの流れの改善と
咬筋が発達しないように
意識をすることと
マッサージでほぐしを
していくだけでも
エラ張りには効果的です☆

6、エラ張りを解消するセルフケア

エラ張りは、
骨格の原因だけではなく
咬筋の発達やリンパの
流れの状況も
大きく関わってきます。

喰いしばりの癖を直す
無意識のうちに喰いしばりを
している場合は、
喰いしばりをしないように
意識をしてみるだけでも
咬筋の発達を抑えられます。

歯軋りを改善する
寝ている間に歯軋りをしている
場合は、歯医者で相談をして
マウスピースを作り
防止することができます。

咬筋のコリをほぐす
肩と同じで咬筋も凝ります。
咬筋の筋肉をマッサージして
ほぐして凝りを解消することで
エラのハリも小さくなります。

また、
咬筋をほぐすことによって
表情も作りやすくなります。

力は入れすぎずエラの部分を
3本指でプシュし円を
描くように軽く
マッサージしましょう。

リンパの流れを良くする
リンパが滞るとむくみの
改善にもなります。

1、あご先から耳の付け根に
向かい流します。
2、頬から耳の付け根に向かい
流します。
*頬骨を沿うように
3、眉頭からこめかみに向かい
流します。

力を入れすぎず気持ち良いと
感じる強さでリンパを
流していきましょう。
5〜10回ほど行うのが
効果的です。

セルフケアでもエラの張りは
解消することができます。
ぜひ、実践してみてください^^

いかがでしたでしょうか?

今回は、たるみの原因や解消する手法について
ご案内していきました^^

1、たるみの原因
2、顔のむくみの原因
3、むくみが気になる時の対処法
4、耳周りのリンパを流してすっきりさせる
5、顔を大きくみせるエラ張りの原因
6、エラ張りを解消するセルフケア

  

関連記事

  1. 押すだけで小顔になれるツボ

  2. 今日からすぐに始められる紫外線ケア

  3. Before→After

  4. 婚活女性におすすめ☆

  5. 美肌力を向上させる大切な3ポイント

  6. メイクが上手くいかないならコレを見直してみて




ameba

PAGE TOP